アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし

概要

美容外科(Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)とは美意識に基づいた見た目の改善を目的とする臨床医学である。そのため、人体の変形や機能的欠損を矯正することは最重要視されていない。形成外科学とは異なり、外科学の一分野に数えられる。また、整形外科学とも全く異なる分野である。
独立した標榜科目であるが、近年はQOL重視の流れや医療市場拡大、日本経済の成熟などの要因から注目を集めている。

*問題
その歴史において、美容外科が正式な医療行為であると認められるまでには時間がかかった。
なぜなら、すでに健康である身体を対象とすることに対して十分な安全性が確立していなかったからである。例えば、豊胸術や若返り術をゲル状のシリコンを注入することで達成したはいいが、合併症が生じる例があった。現在日本では医師免許があれば美容外科医になれるため、経験が浅い医師や技術に乏しい医師による事故が定期的に報告されている。

*金の糸とボトックス注射
美容外科の施術で人気を集めているのが金の糸とボトックス注射である。
ボトックス注射は人体に無害である成分A型ボツリヌス菌毒素というのを用いた美容法である。
ボツリヌス毒素はきんにくの働きを麻痺させるという効果があります。それを利用して、笑ったりした時などに出来るシワの筋肉に注入します。
そうすることで意図的に表情シワ等を作りにくくするのである。
ボトックス注射の発祥はアメリカで、しわ取りやアンチエイジングとして利用されている。

また、金の糸はダウンタイムが短く、短い時間で痛みも殆ど無く行うことが出来るのが特徴である。
金の糸と呼ばれる純金で作られた糸を顔の肌の部分に入れることで肌の細胞の働きを活性化させる効果がある。

関連リンク

目の下のたるみは手術ですぐになくすことができますよ「目の下のたるみ手術ガイド完全版」
シミやシワがお悩みでしたら一度こちらでボトックスの施術を受けてみてください|自由が丘クリニック
美を追求したいなら銀座の美容外科がオススメです|セントローズクリニック